災厄を身代わりしてくれるものとして、また愛玩用として日本人の生活に深いかかわりを持ってきた人形。京人形は、平安時代(8末〜12世紀)、貴族の子供たちの遊び道具であった「ひいな人形」がその起源だといわれ、今日では、浮世人形、雛人形、五月人形、御所人形、市松人形など多くの種類が作られています。頭、髪付け、手足、小道具、着付(雛人形)などに製造工程が分業化されているのが特徴です。技術の高さと、細部まで丁寧に仕上げる伝統が高く評価されています。


トップページへ 事業案内
京友禅 ||  京ネクタイ || 和装小物 || 西陣帯地 || 京人形 || 京扇子 || 京刃物 || 京象嵌 || 竹工芸 || 花かんざし || 造園
|| 京焼清水焼 || 釣竿 || 能面 || 京ちょうちん || 京和裁

京都伝統産業工芸会
〒600-8059京都市下京区麩屋町通五条上る
下鱗形町531
TEL075-343-2250/FAX075-343-8500
E-Mail info@kyo-kougei.com