京手描友禅の工房で 手描技法の各種を使い 着物の制作

『友禅染の歴史』
友禅染めとは、江戸時代(元禄の頃)に京都東山・知恩院の門前近くに住まっていた京扇面繪師の宮崎友禅斎によって、着物(主に小袖など)に模様が描かれたのが始まりだと言われています。
古来より、日本に伝来していた染色技法の絞り染め・ローケツ染等(絞纈・夾纈・蝋纈) の他に刺繍・金箔などの加工技術を継承しながらも、従来の伝承文様よりなお絵画に近いリアルさが表現できた事に往時の都人の心を魅了したようです。
しかし、この頃は染料として使われていたものは、動・植物より抽出した天然染料が主で、日本画に使われていた顔料など岩絵具との併用で花や鳥が描かれていました。
明治に入り、ヨーロッパより数々の染料が輸入されるようになり、染色法も飛躍的な発展を遂げ今日に至っています。

概ね、手書き友禅の分類・名称は以下のように分けられます。
○本友禅(糸目友禅)・・・先友禅(餅米糊の糸目糊に挿し彩色)
                後友禅(ゴム糊の糸目糊に挿し彩色)
○堰出し友禅・・・(餅米粉と微塵米糠粉の配合糊を使用)
○蒔き糊友禅・・・(餅米糊と亜鉛末の配合糊を乾燥後、細かく砕き粒を揃え使用)
○無線友禅・描き上げ友禅・・・(糊糸目は無く、生地に直接柄を描く)

トップページへ 事業案内
京友禅 ||  京ネクタイ || 和装小物 || 西陣帯地 || 京人形 || 京扇子 || 京刃物 || 京象嵌 || 竹工芸 || 花かんざし || 造園
|| 京焼清水焼 || 釣竿 || 能面 || 京ちょうちん || 京和裁