京焼・清水焼は、京都でつくられるやきものの総称です。高い意匠力と多彩な技術とが、「土もの」と呼ばれる陶器と「石もの」と呼ばれる磁器の両分野で、あらゆる種類のやきものをつくりだしてきました。雄略天皇の時代(5世紀後半)にはじまったとされる歴史は、17世紀中頃に野々村仁清が華麗な色絵陶器を完成させて一つの頂点を迎え、その後も尾形乾山、奥田頴川、青木木米といった多くの陶工が独自のデザイン・技法を生み出してきました。高度な技術力に基づいた華麗で雅やかなやきものです。


 

トップページへ 事業案内
京友禅 ||  京ネクタイ || 和装小物 || 西陣帯地 || 京人形 || 京扇子 || 京刃物 || 京象嵌 || 竹工芸 || 花かんざし || 造園
|| 京焼清水焼 || 釣竿 || 能面 || 京ちょうちん || 京和裁

京都伝統産業工芸会
〒600-8059京都市下京区麩屋町通五条上る
下鱗形町531
TEL075-343-2250/FAX075-343-8500
E-Mail info@kyo-kougei.com