装粧品が一般に広く用いられるようになるのは、桃山時代(16世紀)以降のことです。紙入れ、たばこ入れ、風呂敷、手提げなどの京袋物は、江戸時代(17〜19世紀)以降、京都のみやげものとして盛んにもとめられるようになりました。現在京袋物は、友禅染めなどの優れた生地によってつくられています。四季折々に新しい柄がデザインされ、気品のある形や色彩が特徴となっています。

ちりめん細工
  布を最後のひとひらまでも愛しんで使う
  そんなやさしい心を伝える為に・・・。


京小袋

京こんぺいとう袋

京わた入り大袋

トップページへ 事業案内
京友禅 ||  京ネクタイ || 和装小物 || 西陣帯地 || 京人形 || 京扇子 || 京刃物 || 京象嵌 || 竹工芸 || 花かんざし || 造園
|| 京焼清水焼 || 釣竿 || 能面 || 京ちょうちん || 京和裁